あなたのアフィリエイトサイト、私が診断しましょうか?

記事は外注などして書いてもらうの?

さて、今日はこんな質問を頂きましたので
私の回答も含めてご紹介します。

 

 

ーーーーここからーーーー

 

お世話になります。
メルマガ拝読させて頂いております。
▲▲と申します。

 

体験談の記事について質問したいのですが、
自分が体験していないジャンルに関しては
外注などして記事を書いてもらう感じでしょうか?

 

ご教授頂けますと幸いです。

 

よろしくお願い致します。

 

ーーーーここまでーーーー

 

 

私のメルマガ読者さんの中にも
「記事の書き方」について聞きたい人って多いと思います。

 

この質問に対して私の回答は・・・

 

 

ーーーーここからーーーー

 

メルマガをお読み頂きましてありがとうございます。
こうしてご相談をしてくださった事もとても嬉しく思います。

 

さて、
ご質問にある「体験談の記事」についてですが、
結論から言いますと、

 

外注を使って記事を書いてもらう事は推奨していません。

 

 

と言いますか、
外注を使わないといけないなら、
そもそもそのようなサイトは作りません。

 

 

なぜなら
「自らの体験談」を記事にする事で
他のサイトと差別化できるからです。

 

 

そうするとどうなるか?

 

結果的に「稼げるサイトになる」んですね。

 

 

それでも、「こんなサイトが作りたい」けど、
自分の体験談は無いという事もあるでしょう。

 

 

例えば、
男性だけど女性のエステの経験は無いとか。
(根本的に体験する事が無理ですよね)

 

 

その場合、記事の外注を使ってやってもいいのですが、
実際にエステへ行った事がある人が作るサイトには敵わないわけですよ。

 

 

そういうサイトを作ったとしても、訪問者は、

 

「このブログ書いている人って実際に経験したのかな?」

 

という事も見ます。
(どんな人が書いているのかが気になりますのでね)

 

ですので、
外注を使って記事を増やしたとしても、
外注のレベルや書いている人数にもよりますが、

 

 

これってすでにネットにある情報と似てるよね?
その他のサイトとあまり変わらなくない?
なんかこんなサイト、他にも見た事があるな・・・

 

 

となり、
結果的に「せっかくサイトを作ったのに全く稼げないじゃん!」

 

となってしまう可能性があります。

 

 

ですので、
「▲▲さんの体験した事」を記事にするようにしましょう。

 

 

もっと言えば、
「体験してきた事」から「どんなサイトが作れるかな?」

 

と考えた方が自然と稼げるサイトが作れますよ。

 

ーーーーここまでーーーー

それをやらないから稼げないんじゃないの?

と、まあ、そうは言っても、

 

「いやいやいや、ムリムリムリ。」
「体験談を記事にできるならとっくにやってるわ!」
「それが出来ないから困ってんじゃん!」

 

と思ってる人も少なく無いでしょう。

 

 

でもですよ?
それをやらないから稼げないんじゃないですか?

 

と、いうのが私の本音でもあります。

 

 

確かに、今稼いでいる人に聞いても、
自らの体験談を記事にしている人って少ないと思います。

 

 

でも!
だから、逆に「稼げるんですよ?」と。

 

これがコンテンツの「ブルーオーシャン」なんです、と。

 

 

ここまで言ってもまだ「体験談を記事にできない」
というのであればきっと、

 

「どのような体験を元にサイトを作ればいいのかが分からない」

 

のだと思います。

 

そうなると、
「いつまでたっても稼げるサイトを作る事ができない」
という状況になってしますよね。

 

 

私もこういう時期を経験しているから
こういう気持ち、痛いほどわかります。

 

 

もう、本当に辛い時期ですよね・・・
何なら、アフィリエイトをやめてしまおうかとも思ってしまいますよね。

 

 

でも!

 

これを読んでいるあなたには、私のように諦めて欲しくありません。

 

だって何かご縁があって
このメルマガを読んでいるのですから。

 

そこで!
私なりに「何かできる事はないか?」と考えたんですけどね・・・

 

1つだけ、ご協力できる事を見つけました!

 

それは・・・

 

私があなたの「サイトを診断」します!
という事です。

 

まあ、詳細や相談方法は次のメルマガでお伝えしますが、

 

本気で稼ぎたいという人には、
遠慮なく私も本音で、
ズバッとアドバイスさせていただきます。

 

 

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

 

では、今日はここまで。